憧れの企業を「私の勤め先」にするために

準備が勝利を決める

自分という「人」を知る

己を知ることは仕事に就くためには欠かせない作業です。
自分が働きたい企業はどんな会社かを選ぶ土台になりますし、自己アピールの際にも必要です。

企業を選ぶ点では、自分は何をやりたいのか、何ができるのか、何のためなら頑張れるかを知り、どの業界なら、企業なら自分を活かせるのかを照らし合わせながら、企業選びしていくと良いでしょう。
そして自己アピールの面では、学生生活や、これまでの人生を振り返り、自分についての理解を深めましょう。
では、どのような視点で見つめれば良いのでしょうか。
以下の事項を参考にしましょう。
1.何を経験したのか
2.なぜそのような経験、選択をしたのか
3.具体的にどう行動したのか
4.その経験で学んだことは何か
これらを堀り進んでいくと、自分の強みや成長した点がわかってきます。
また、自分以外の誰か、家族や友人からの視点も参考にするのもいいですね。

相手を知る事は勝利への道

自己分析と並行して、企業探求も行いましょう。
どんな業界があり、どんな職業があるのか。
また、どんな業界、企業で自分を活かせるのか。
そして、どうしてその企業に入りたくて、その企業で何をしたいのか、どう自分を活かせるのか。
必ず聞かれる志望動機には、これらの探求が生かされます。
説得力のある回答をするために、自分と企業の接点をよく理解しておきましょう。
そして大切なのは企業が何を求めているのかも知る事は重要です。
これらをよく探求することで、企業選びの失敗は避けられますし、行きたい企業が見つかれば、その企業について知れば知る程強みになります。

情報を収集するには、インターネットや書籍もありますが、OB・OGの話を聞くのも良いですし、インターンシップで実際に働いてみるのも企業を理解するうえで役立ちます。


この記事をシェアする