憧れの企業を「私の勤め先」にするために

転職者が成功するために

転職の場合に必要な事前準備

転職においても自己分析は欠かせません。
まず、何を目的に転職したいのか、自分のどんな所を活かせるか、などの自己分析、そして、どんな仕事をしてきたのか、どんなスキルを身につけてきたのか、のようなキャリアの棚卸しをしましょう。
これは自分に合った職種を選ぶために必要ですし、自分の強みを企業へPRしやすくなります。
次に、希望の業界や職種の情報収集をしましょう。
「転職してみたけどここも合わなかった」と後で後悔しないためにも、自己分析・キャリアの棚卸と共に、どんな転職先があるのかや、転職したい先の実情を知っておくことは、本当に自分に合った転職先なのかを判断する大切な材料になります。
ここでポイントとなるのは、「転職する目的」や「実現したい事」などの軸をしっかり持って探す事が大切です。
ただやみくもに求人を見るのではなく、それを軸に希望条件の優先順位をつけておくことで、希望したい仕事を見つけやすくなります。

転職に成功するには

転職に成功するとは転職先に後悔してないかどうかです。
では成功パターンを紹介します。

成功する人は、考え方と心構えが違います。
「安定した収入」とか「企業ブランド」、「年収アップ」に囚われません。
ベンチャー精神を持ちます。
また、自分本位に考えるのではなく相手目線に立って活動に臨みます。
それが自然と面接の姿勢にも表れるでしょう。
次に集める情報量が違います。
他己分析を行う、複数の転職サイトを見る、さらに、転職先のIR情報を見たり、企業のサービスを利用してみたりするだけではなく、人脈を通してその企業に働いている人の生の声を集めることもし、様々な情報を集めます。
最後に期間です。
「じっくり決めていこう」と考えがちですが、あまり長く活動しても内定は決まりにくく、内定が決まっても退職までの時間がかかる人は、転職後に後悔するパターンになる傾向があるようです。
転職活動も内定が決まってからもスピーディが鍵ですね。


この記事をシェアする