憧れの企業を「私の勤め先」にするために

成功者に学ぶ

心の準備を整える

自己分析や企業リサーチなどで差が出てきますが、他にもポイントがあります。
ここでは内面準備を参考にしましょう。
第一に、就職活動費を「出費」と考えず、「自分への投資」と考える。
スーツ代も交通費も将来の自分が決まる大切な「投資」です。
その発想から、きちんとしたスーツを買い、情報収集のために範囲を広げて行動できます。
このプラス発想も味方です。
第二に、やる気がなくても行動する。
やる気が出るまで待っていても遅れていくだけです。
やる気が出なくてもひとまず動くことで、動いているうちに、いつの間にかやる気に火がついているものです。
第三に、目的意識を持って行動すること。
説明会になんとなく行ってみる、インターンに行く方が良いらしいから行ってみる。
そのように受け身で行っても得られるものは少ないです。
聞きたい事があるから説明会に行く、学びたい事があるからインターンに行く、という明確な目的を持って行きましょう。

外的準備のススメ

目に見える部分での準備についてです。
まず一つ目に、不明点は問い合わせること。
「恥ずかしい」とか「面倒だ」などと思いがちですが、ここで聞くかどうかで面接の結果も左右されかねません。
また、情報量でも聞かなかった人と差がつけられます。
二つ目に、行動は早くすること。
応募の締め切りギリギリになって行動する、ギリギリになって履歴書を書く。
そのようでは、履歴書のツメも甘く、人数制限の説明会にも出遅れる事があります。
先手必勝ですね。
三つ目はスケジュール管理をする事です。
企業説明会から内定まで、細かく予定を立てましょう。
筆記試験対策も計画的にでき、説明会やインターンシップのチャンスも逃しません。
また、資金作り、資格取得も計画的にでき、気持ちのゆとりを持てますので、大切なポイントです。

何事も、余裕を持って行動していくようにしましょう。


この記事をシェアする